教えは『感謝の心』

教えの根幹は感謝の心です。 野山に咲く植物でさえ美しい花を咲かせ火と水と日の恵みに感謝の心をあらわしている。
人間は万物の頂点にいながら、感謝することを忘れている。
どのような小さなことに対しても、お守りしていただいたことに『ありがとう』と感謝をし、
親孝行につとめ、先祖鎮守、火と水と日のご恩に感謝する事が新明国上教のお教えであります。