宗教法人
新明国上教会

ご要望の多い神前祈願
ご要望の多い出張祈願

七五三祈願

『神前祈願』の中でも特にご要望がある祈願が『七五三祈願』です。
三歳、五歳、七歳のお子さまの成長をお祝いします。
無事成長したことに感謝し、これからも健やかに発育成長できますように、将来の幸福と長寿をお願いいたしましょう。
女の子は「三歳七歳」男の子は「五歳」が対象年齢となります。
本来、11月15日に七五三参りをするのがよいと言われておりますが、最近では10月下旬より11月末頃までの大安吉日あるいは友引にお参りされる方が多いようです。
お子さんの健やかな成長を望むのは世の親の常ですが、現在は土曜や日曜が仕事の方や、どうしても世間一般で行われている日程では七五三のお祝いができないという方が多くおられます。
そのような方々のために、新明国上教会では11月ならば何時でも七五三祈願を執り行う事ができます。
事前にご予約頂ければ幸いですが、当日予約も受け付けております。

七五三のまめちしき

七五三の由来 もともとは宮中や公家の行事でしたが一般的に広く行われるようになりました。
乳幼児の死亡率が高かった昔は七歳までの子供は神の子とされ七歳になって初めて社会の一員として認められたそうです。
七五三の行事には、
三歳男女「髪置き:髪をのばしはじめる」
五歳男子「袴着(はかまぎ):はじめてはかまをつける」
七歳女子「帯解き:帯をつかいはじめる」
というのがあります。
現代の『七五三』は明治時代になってから定着したものです。
七五三は何歳? かつては『数え年』の男子は三歳と五歳、女子は三歳と七歳で祝いました。
現在では満年齢で男子が五歳(地方によって三歳も)女子が三歳、七歳でお祝いする事が一般的になっています。
年齢にこだわらず、兄弟で一緒に一回で済ますこともかまいません。
※『数え年』:生まれた年を1歳とし、毎年1月1日にひとつずつ年をとる。
七五三は何歳? かつては『数え年』の男子は三歳と五歳、女子は三歳と七歳で祝いました。
現在では満年齢で男子が五歳(地方によって三歳も)女子が三歳、七歳でお祝いする事が一般的になっています。
年齢にこだわらず、兄弟で一緒に一回で済ますこともかまいません。
※『数え年』:生まれた年を1歳とし、毎年1月1日にひとつずつ年をとる。
七五三は11月15日? どうして11月15日に七五三を祝うようになったのかは、この日が「鬼宿日(きじゅくにち)」鬼が自宅にいる日で最良の日とされ、また霜月祭りの日などいろいろ説があるようです。
現在ではこの日にあまりこだわらず、11月15日前後の祝日など都合の良い日に行われています。
また、明るいうちにお参りしましょう。
※明るいうち:これを新明国上教会では『昇りの心』といっております。
どのような神社にお参りする場合でも、この『昇りの心』を胸において、参拝しましょう。
御祈願してもらう時はどうしたらいい? どうしても、この時期(10月中旬から11月下旬)には込み合うことが多いので事前に連絡していただければ幸いです。
また、新明国上教会ではよくある神社仏閣のように『御祈願の時間』を特別に設定していないので、事務所で所定の手続きをしていただければ御祈願をいたします。
また、神社仏閣によっては規定料金を設定している場合もあります。
新明国上教会では3,000円よりとなっております。
このときの祝儀袋の様式は結びは蝶結び、水引は紅白、表書きは「御初穂料」
「御玉串料」などがありますが、白封筒でもかまいません。
名前は『子供の名前』で『子供の年齢』を書きます。
また、新明国上教会事務所には『七五三祈願のお申し込み用紙』がありますので、ご利用してください。
当日は子供が主役です。 最近は、写真館で記念写真やパーティなど行う方もおられるようです。
また、お参りが済んでから、親戚や近所にあいさつまわりも考えているでしょう。
しかし、これは親の都合で考えていること。
当日はあくまでも子供が主役です。
なれない着物でつれまわしたりすることが体力のない子供に負担になることはあきらかです。
あまり無理のないようにしてあげましょう。
また、会食を行う時も子供が大好きなメニューを出してあげましょう。
その他の習慣『十三参り』 陰暦の3月13日、現在の4月13日に数えで十三歳になった男女が虚空蔵菩薩(こくうぞうぼさつ)にお参りして福徳、知恵を授かる行事のことです。
「知恵もらい」ともいいます。
この行事は関西では盛んに行われていますが、十三参りが行われるようになったのは」ちょうど200年ほど前といわれています。
関東では一般的ではないようです。
また、十三参りの習慣がない地方もあります。
『十三参り』とえば、特に京都市嵯峨の法輪寺は「嵯峨の虚空蔵さん」と呼ばれ、親しまれています。
法輪寺は京都市内から渡月橋で桂川を渡った場所にあります。
お参りして帰る時に、
「橋を渡りきるまでに振り向くとせっかく授かった知恵を返してしまう」
という言い伝えがあります。
しかし、いつの時代でも振り向くなと言われれば振り向いてしまうのが心情ですね。
十三歳といえばちょうど子供から大人へ変わる時期ですし、女の子の最初の厄年にもあたります。
肉体的にも、精神的にも不安定な時期です。
そんな筋目の時期だからこそ、しっかり御祈願してもらうことは大切だと思います。