宗教法人
新明国上教会

ご要望の多い神前祈願
ご要望の多い出張祈願

初宮参り

『神前祈願』の中でも特にご要望がある祈願が『初宮参り』です。
お子さまの成長を祝い、健やかに発育成長できますようにお願いいたしましょう。
生まれた地域によって異なりますが男児は「生後31、32日目」女児は「生後32、33日目」に行うことが多いようです。
お子さんの健やかな成長を望むのは世の親の常ですが、現在は土曜や日曜が仕事の方や、どうしても世間一般で行われている日数で初宮参りのお祝いができないという方が多くおられます。
そのような方々のために、新明国上教会では何時でも初宮参りを執り行う事ができます。
事前にご予約頂ければ幸いですが、当日予約も受け付けております。

初宮参りのまめちしき

お参りする場所 赤ちゃんが生まれて初めて神社にお参りする行事が初宮参りです。
これは元来、その土地の守り神である産土神(うぶすながみ)に赤ちゃんの誕生を報告し、健やかな成長を願う行事です。
昔は氏神さまに参拝して新しい氏子(うじこ)として神さまの祝福をうける行事とお産の忌明けの儀式の意味合いもありました。
現在では、無事に生まれた感謝と健やかな成長を願う行事となっています。
初宮参りの『しきたり』は地域によって様々です。
最近では以前のような氏子入りの儀式的な意味合いも薄れてきていますので、出生地や住んでいる地域の氏神さまが奉ってある神社でなければいけないということはなく、どこの神社でもかまわないとされています。
この機会に是非、新明国上教会や地域の氏神さまの神社でお参りしてほしいです。
そして、新明国上教会でけではなく、住んでいる地域の氏神さま・鎮守さまがどこの神社か、認識していただきたいと思います。
それは、地域の活性化のため、地域との交流のため、そして、極端な話ですが、 これは現代においては皆様方のお子さんたちの安全で健やかな成長のためにも、必要なことだと思います。
この機会にぜひお祭りや地域の行事に参加してもらいたいと思います。
お参りする時期 上記のように一般的には、
男の子では生後31、32日目、女の子では32、33日目
がよいとされています。
これも地方によりさまざまです。
しかし、実際はこのような日にこだわる必要はありません。
生後30日前後で穏かな天気の日を選べば問題ありません。
母親や子供の健康を考えて決めればいいのです。
また、夏などの特に暑い時期や冬の寒い時期も無理にする必要もなくいい季節になってからでもかまいません。
実際、関東地方では生後30日から100日前後までと様々です。
北海道や東北地方も寒い時期をはずし暖かくなってから行なう事もあります。
仏滅はだめでしょうか?
という質問もありますがまったく関係ありません。
特にこのお宮参りをする日ははタブーなんて日はありません。
そんなことより赤ちゃんや母親の健康のことを気にしましょう。
服装はどうすれば? 男の子は羽二重の紋付で鷹や鶴などのおめでたい絵柄の「熨斗目模様」。
女の子はちりめんの花柄や友禅模様の祝い着が本格的。
祝い着は赤ちゃんを抱いている人の後ろで結び、その紐にお守りをぶらさげる地域もあります。
赤ちゃんに祝い着を着せた場合は、祖母や母親は紋付の礼装で付き添うほうがよいでしょう。
最近ではレンタル衣装を利用したり、ベビードレスにケープをかけるのが人気。
付き添いはスーツやワンピースなどや無地一つ紋や小紋、訪問着が多いようです。
しかし、一番大切なのはバランスです。
バランスがとれていれば問題はありません。
赤ちゃんは父方の母親が抱くの? 父方の祖母が赤ちゃんを抱くのがお宮参りの一般的なスタイルです。
これは『お産はけがれたもの』とする考え方からきたものです。
つまりこのお参りを忌明けとしてけがれを祓うという意味がありました。
母親はまだ忌明けがすんでいないので代わりに父方の祖母が抱くようになったのです。
母親がお参りに参加しないことを『しきたり』とした地方もあったそうです。
産後の母親を気づかってのこの習わしが出来たとも考えられます。
この父方の祖母が赤ちゃんを抱くスタイルですが、家族の都合で母方の祖母や父親が抱いてもかまいません。
現代ではお宮参りのやり方も簡略化されてきていますので、そんな『しきたり』にこだわる事も無いでしょう。
新明国上教会で御祈願してもらう場合 新明国上教会にお参りしてお賽銭だけでもかまいません。
しかし、御祈願をしてもらう場合は、事前に事務所に連絡していただければ、ご説明いたします。
このときの祝儀袋の様式は結びは蝶結び、水引は紅白、表書きは「御初穂料」「御玉串料」などがありますが、白封筒でもかまいません。
名前は『赤ちゃんの名前』を書きます。
料金を掲示している神社仏閣もあります。
金額は3000円から10000円ですが5000円ぐらいが一般的です。
新明国上教会では3000円よりとなっております。
初宮参りの後のあいさつまわり 昔はお宮参りのあとに、挨拶回りをするのが『しきたり』でした。
現在でも赤ちゃんのお披露目の意味もあり、近くの親戚やご近所に挨拶をすることがあります。
母親の健康状態や子供のこともあり、状況により判断すればいいでしょう。
初宮参りのあと、自宅でお祝いをしたり、レストランで会食をしたりする場合が多いようです。
大阪府では、初宮参りの前に親戚回りを行なうと聞いたことがあります。
その時には着物の紐におひねりのようなかたちで御祝儀を結んでいただくそうです。
関西ではこのような場合が多いようです。
また、宮参りのあと内祝いを持参して挨拶に回った時に、でんでん太鼓や犬張子を用意して赤ちゃんの祝い着に結んであげることも行なわれていました。
これは元来、魔よけのお守りでした。